こんにちは。

ブログへの訪問ありがとうございます。

今日は霧雨の降るどんよりした空模様です。

 

自粛が長引く事で仕事にも影響し

経済的にもひっ迫してくると

誰しも心にゆとりがなくなってくるものです。

そのイライラがつい自分より立場の弱いものに

向けられがちです。

それは仕事であれ、家庭であっても同じです。

 

特に多いのが言葉による暴力。

目に見えない言葉によって、心は深く傷つきます。

それは時として身体に受けた痛みよりも

えぐり取られるような心の痛みです

 

言った方はただ心の憂さを晴らしているにすぎません。

しかし、言われた方はそれにより心を閉ざしてしまうか

或いは積年の恨みとなってしまうかもしれません。

 

一度口から出た言葉は消しゴムで消すようなわけには

いかないのです。

言われた方は事あるごとにそのことを

思い出すからです。

 

最近耳にする「コロナ離婚」もそうですが

いい時には気にならなかったことも

ひとたび状況が悪くなると言葉遣い一つでも

気になるものです。

 

このように厳しい状況の時ほど

自分自身を如何にコントロールできるかが

問われそうです。

そして言葉遣いや話し方に気をつけたいものです。

 

むしゃくしゃしたら

誰もいないところで

ゆっくり腹式深呼吸をしてみると

気持も落ちついてくることでしょう。

 

先ず軽く息を吐いたら、下腹が膨らむように

鼻から息を吸います。

2~3秒息を止めたら今度は口から

ゆっくりを息を吐いていきます。

すると下腹が引っ込んでいく感じがわかります。

出来るだけゆっくり静かに息を吐ききり

一瞬止めたあとお腹を緩めます。

するとお腹が元の状態に戻ると同時に

肺にたくさんの空気が入ってくるのがわかります。

これを2~3回繰り返していくうちに

心にもゆとりが生じます。

 

このような時期ですから人のいない所で

新緑でも見ながら行うと

気分もスッキリするでしょう。

 

 

実はこの腹式深呼吸はあがりにも

効果があり、他にも集中力を高めたり

健康にも良いことは言うまでもありません。

今盛んに言われているインナーマッスルを

鍛える事にもなります。

 

今日はスタジオに来るとき一つ手前の

永田町で降りて歩いてきました。

いい運動にもなり、緑を目の当たりにすると

心まで洗われるようです。

             

 

コロナウィルスは高温多湿に弱いと言われています。

感染者数が一桁になるまであと

もう少しの辛抱です。

それまで

上手に乗り切りきっていきましょう。