こんにちは。

午後一番に予約が入っていたKさんが

少し早く見えたので雑談をして

いました。

コロナで厳しい中

Kさんは仕事の依頼が入って忙しく

なってきたというのです。

 

建設会社を経営しているKさんは

これまで異業種の集まりや

その他の会に所属されていて

一会員から幹事を経験し、後に

副会長、会長と経験されてきました。

 

私の所に見えてからちょうど10年に

なります。

当初は殆ど無口で人付き合いが

いいとは言えませんでした。

後になって知ったことですが

kさんご自身、会に入ったり

幹事を引き受けたりすること事態

余り気が向かなかったようです。

 

元々は他所の会社に勤めていて

そこで図面を引いたり黙々と

仕事をするタイプだったのかも

しれません。

 

ところが急に家業を継ぐことになり

状況が一変してしまったわけです。

 

地元で家業の建設会社を引き継ぐ

となると地域の会合にも顔を

出さないわけにはいきません。

 

Kさんにとって尤も苦手な分野

だったかもしれません。

しかし周りから言われるままに

会に参加したり幹事を引き受ける

うちに徐々に変わっていったよう

です。

 

話し方の勉強を始められたのも

その頃でしょう。

とにかく「話す事が一番苦手」と

ご本人が言われたように

初めのうちはちょっと

重い印象でした。

 

苦手意識が強いだけにその分

努力をされてこられました。

 

事あるごとにトレーニングを

受けられ、数年前には会長として

1500~1600人の前で

堂々と挨拶をされるまでに

なりました。

 

会長任期が終わったかと思ったら

今度は別の会で来月会長に

なられる為、今、挨拶の準備で

見えています。

 

話が出来る人は結局、周りが放って

おかないという事です。

自然と人脈も広がり、それに伴って

仕事の依頼も増えてきます。

 

今回も又、大きな仕事が入った

ばかりか、他からも

それこそ何億という仕事を

頼まれたとの事でした。

まさになるべくしてなった感じ

です。

 

仕事をする以上、誰よりも仕事に

対する知識と技術・経験が大事です。

でもそれだけでは駄目です。

 

矢張り人としての誠実さがなければ

それだけの大きな仕事は任せられません。

 

そしてもう一つ大事な事は

1対1であれ、大勢の前であれ

説得力のある話し方が出来るか

どうかです。

 

Kさんはこれまで人前で挨拶を

される度に、1回、1回きちんと

準備をされ、話す事に真摯に向き

合ってこられました。

決して手は抜きません。

長年のその積み重ねが信頼となり

・確かな仕事

・誠実で礼儀正しい人柄

・説得力のある話し方

これが大きな仕事への依頼に

繋がったものと思います。

 

一朝一夕ではできない事であり

Kさん自身、10年前には

今の自分を想像できていなかった

ことでしょう。

 

何事も小さなことの積み重ねです。

 

コロナが去った後、人々はマスクを

外して話すようになります。

その時こそ、Kさんは更にヒーローと

して注目を集めることでしょう。

 

 

※<話し方エトセトラ>関連は

こちらをクリックしてください。

※これまでの記事はアメブロをご覧ください。

ameblo.jp/cosmos10000/

あがりの問題から表現力迄、話し方は勿論
人間関係・生き方/考え方・自己研鑽 等
どのような事でもお気軽にご相談ください。
※リモートでのレッスンも行っております。

ご希望の方にはスタジオにて詳しくご説明いたします。
話し方/you表現studio公式ホームページ
URL:http://talk-studio.com/
℡:03-6804-2114