こんにちは。

 

3か月ぶりにZOOmレッスンの

Eさんが戻ってこられました。

その前の時も久々にZOOMを再開

したと思ったら1週間余りで

再度緊急事態宣言の為

中止となってしまいました。

 

Eさんの場合はカラオケ店を

利用していた為、店事態が休業に

なってしまったからです。

 

それから3ヶ月本当に久しぶりです。

 

カラオケ店であれば声を出すには

安心してできます。

 

久しぶりという事で

基礎の発声トレーニングから

始めました。

矢張り声に張りがありません。

口も開かず細い声になっています。

日頃マスクをしているので

どうしても口元だけで話しているからです。

 

予め用意しておいた滑舌練習

日常その時々で使う挨拶言葉等

声に出して行っていきました。

 

ところが棒読みで感情が伝わって

こないのです。

音調にそれが表れてしまっています。

 

今やどこもリモートワークが続き

対面で話をしたり挨拶をする機会が

減ったせいか感情表現が

乏しくなっています。

 

Eさんに限った事ではなく先日も

問い合わせたいことがあり

他所に電話をすると、出た人の声が

妙に暗くて小さな声なのです。

 

聞き取れずに「はぁ?」と聞き

返す事が最近よくあります。

 

マスクの声に慣れてしまいそのまま

話す人が多いからです。

 

矢張りマスクをしていても

話す時は意識してゆっくりハッキリ

話すようにしないと相手には

伝わりにくく

沈んだような暗い声に

なってしまいます。

 

Eさんもトレーニングを行って

いくうちに徐々に声に張りが

戻ってきました。

 

そのEさんが言うには

最近

言葉の代わりにジェスチャーで

示す人が増えたというのです。

 

段々言葉が出にくくなり手で

示すという事でしょうか。

 

言葉は使っていないと退化し

言おうと思っていても

出てこなくなります。

「えー」とか「あのー」「そのー」

と言ったのがいい例です。

 

そのうち人間に取って代わって

AIの方が言葉が豊富になり、しかも

感情表現も豊かになるかも

しれません。

 

それでも温かみのある微妙な

音調は

矢張り人ならではのものです。

 

トレーニングの後、Eさんに

新聞の切り抜きを声に出して

読んでもらったところ

コツを掴み落ち着いて

聞きやすい声で読まれていました。

 

声に表情も加わり

最初と最後では見違える程

生き生きと伝わってきました。

 

挨拶一つにも気持ちを入れると

如何に伝わり方が違うか。

 

次回もこうしたトレーニングを

希望されて今日の

リモートレッスンは終りました。

 

スタジオで思い切り声を出すもよし

リモートでもOK!

 

声を出し表現力を磨いていく

事で気持ちも明るく前向きに

なっていきます。

 

 

※<話し方エトセトラ>関連は

こちらをクリックしてください。

※これまでの記事はアメブロをご覧ください。

ameblo.jp/cosmos10000/

あがりの問題から表現力迄、話し方は勿論
人間関係・生き方/考え方・自己研鑽 等
どのような事でもお気軽にご相談ください。
※リモートでのレッスンも行っております。

ご希望の方にはスタジオにて詳しくご説明いたします。
話し方/you表現studio公式ホームページ
URL:http://talk-studio.com/
℡:03-6804-2114