こんにちは。

 

今日も都内の感染者は500人と増え続けています。

おまけに雨も降り、街はひっそりと静まり返って

師走とは思えません。

 

今日はリモートレッスンがあり、安心して声をだせました。

声を出す事で気分も体調もスッキリします。

1時間15分、受講生は喉を潤す時間を覗いて

殆ど声を出します。

 

初めに

ア行からワ行迄、濁音、鼻濁音、半濁音、拗音

等が入った口の体操を行います。

最初は一語一語ゆっくり正確に発音していきます。

ア エ イ ウ エ オ ア オ

カ ケ キ ク ケ コ カ コ

キャ キェ キ キュ キェ キョ キャ キョ

と言ったように全部で28段あります。

次に一行を一息で発音します。

アエイウエオアオ

カケキクケコカコ

その後、頭から最後までを出来るだけ早く

しかも正確にです。

この時、タイムを計るので

「行きます」と言い終わると同時に

ストップウォッチを押します。

 

初めの頃、Iさん(男性)は「滑舌が悪いので・・・」

自信無げでした。

確かに

ピャ ピェ ピ ピュ ピェ ピョ ピャ ピョ 等

舌が廻らず止まってしまい、最後までたどり着くのに

時間がかかっていました。

それが今では28段を平均34秒で言えるようになり

ました

 

それだけ口の周りの筋肉の動きが良くなったという事です。

ところが口を動かしていないと滑舌が悪くなるばかりか

速度も遅くなります。

 

最近、よく言われるオーラルフレイル(口腔機能低下症)

にしてもそうです。

筋力が弱まると声がか細くなるだけでなく

飲み込む力も弱くなるなど年配者に多い誤嚥性肺炎に

つながる恐れもあります。

 

声を出す事で舌の動きを活発にすることも

大事です。

滑舌練習のⅠ  Ⅱ  Ⅲ と

徐々に難易度を上げて挑戦してもらいました。

思うように言えず、おかしな言葉になり

思わず、Iさんと画面越しに笑ってしまいました。

 

口の動きが良くなったところで

最後に三分間スピーチです。

思い切り音声表現を生かして話をしてもらいました。

 

年末の仕事納めの時にはスタッフを前に

前向きな話で一年を締めくくることでしょう。

 

声をだしたり笑ったりしているうちに

あっという間に時間が来てしまいました。

 

※<話し方エトセトラ>関連は

こちらをクリックしてください。