こんにちは。

 

今週リモートで研修の冒頭、挨拶をするというYさんが

先日お見えになりました。

原稿のチェックは既に済んでいるので声出しの

練習を行いました。

当日は画面に向かって話をするので手元に

原稿を置く事は出来ます。

 

 

人前に立って話をするのと違い、リモートの場合

机に原稿をおけるという安心からか

どうしても視線が下を向きがちです。

その為に伏し目がちに映ってしまい

折角の表情も台無しです。

 

しかも原稿を読んでしまうと話すテンポが

つい速くなってしまいます。

それでは聞き手はついていけず

何の話をしたのか、頭に残りません。

聞き手が理解できる速度、つまり

自分がゆっくりだと感じる位でちょうどよいのです。

 

又、視線を上手に使っていく事で「間」もとりやすく

聞き手の反応を見ることができます。

話も一本調子にならないよう

抑揚・際立てといった音声表現を

生かす事で話にメリハリが出てきます。

 

これまで何百人の前でも堂々と話をされてきたYさんが

最近、リモートに変わり

「却って難しいですね」とつぶやかれました。

 

慣れないうちはなんでもそうだと思います。

 

そこで当日の場面を想定しながら

視線・表情・話すテンポ・抑揚・間 等

アドバイスをしながら繰り返し練習を行いました。

初めは立って声を出す事で座った時に声が

出しやすくなります。

 

原稿を手元に置きながらも顔を上げて

画面の向こうの相手に向かって話す練習を

繰り返したことで

声の調子も良く発音も明瞭になりました。

それに伴い表情まで明るくなったのです。

 

初めに比べて同じ挨拶がわかりやすく

説得力のあるものになりました。

 

ここまで出来ればリモートも自信をもって

臨めるはずです。

 

帰りがけYさんが

「これからは益々リモートを通して

挨拶をしたり説明をするようになるでしょう」

そういって帰っていかれました。

 

形態は変わっても話す事の本質は同じです。

その話し方一つで人生を左右すると言っても

決して過言ではありません。

 

※<話し方エトセトラ>関連は

こちらをクリックしてください。