こんにちは。

先日大失敗をしてしまいました。

友人宛に送ったつもりのメールが間違って他の人に

送信してしまったのです。

 

朝、車内でメールを打っていたら駅に着いたので

ホームの椅子に座って仕上げ

読み返したのち送信ボタンを押したのです。

 

その後、きちんと送れているか送信履歴を

確認したところ友人の名前がありません。

”送ったはずなのに おかしい” と思い

何度も見ましたが矢張りありません。

 

最後の履歴の名前を開いてみると

頭に何と ○○〇様

と友人の名前が書かれているのです。

しかし宛先は別の人です。

 

友人は女性、間違えて送った先は仕事関係で

お世話になっている方です。こちらは男性。

瞬間、金槌で頭を殴られた思いでした。

一瞬、何が何だか・・・

どうやら宛先間違いだったことに気づきました。

とにもかくにも間違えた先に

お詫びのメールを入れました。

ところが気が動転していているせいか

何時もはすぐに打てるメールもモタモタ

その上、誤字脱字。

何とか鄭重にお詫びのメールを送信しました。

 

続いて本来送るべき友人に事のいきさつを

書いて後はコピーしたものを送りました。

今度はちゃんと遅れているか、送信履歴を確認したところ

またもや友人の名前がありません。

もう頭の中が真っ白です。

よく見ると下書きの所に入っていました。

送信ボタンではなく違う所を押したようです。

如何に動揺していたかです。

 

 

間違って送信した相手は

友人も知っているので

自分宛のメールに何が書いてあるか

友人も読みながらドキドキしたようです。

 

内容は差し障りのないものでしたが

これが人の悪口やうわさ話・愚痴でなくて本当に

良かったと思いました。

 

気の置けない友人なので

普段はどうでもよいことも含め

いろいろ書いているのですが

時間がなかった事もあり差し障りのないものでした。

最後に一言

「昨日のNHKドラマ『天使にリクエストを~』を

ご覧になりましたか。

江口洋介よかったです」

ここでやめておいて良かったと胸をなでおろしました。

 

それでも誤って送信した事に

「穴があったら入りたい」との思いでした。

 

普段は確認していてもこの時は

色々思い悩むことがあり、気もそぞろだったのでしょう。

心の乱れはこうした一連のミスに

繋がってしまうものだと改めて思いました。

最初と最後の確認をしてから

送信ボタンを押すよう肝に銘じた次第です。

 

※ <最近の出来事より>関連は

コチラをクリックしてください。

 

※これまでの記事はアメブロをご覧ください。

ameblo.jp/cosmos10000/

あがりのお悩みから説得力のある話し方まで
話し方・人間関係・自己研鑽
どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご希望の方にはスタジオ又はZOOMでのご相談も承っております。
リモートでのレッスンも行っております。

話し方/you表現studio公式ホームページ
URL:http://talk-studio.com/
℡:03-6804-2114