こんにちは。

 

晩秋から初冬へと季節が移り変わる中で

黄金色に輝やく銀杏とはまた違った美しさを

感じさせる紅のもみじ。

 

昨日の朝、豊川稲荷にお参りに行った後

高橋是清公園に寄りました。

青山一丁目の交差点に向かう途中にあります。

 

お参りをした後、最後におみくじを引いてそのまま

公園までいき、高橋是清翁の銅像の前に立って

心の中で手を合わせるのが、いつしか習慣に

なっています。

 

青山通りに面している赤坂御用地の

樹々が実に美しく四季折々によってその表情は

まるで違います。

今の季節は赤や黄色・緑といった色のコントラストが

実に美しく、まさに絵になります。

 

 

公園の中を入っていくと真っ赤に染まったもみじが

目に飛びこみ、その鮮やかさは見事です。

 

 

先月来た時はこれほど紅葉していませんでしたが

それでも友人に写メを送ったところ

「まるで京都みたい。居ながらにして癒されました」

と返信がありました。

 

 

池のせせらぎと紅のもみじ

その場にしばし佇んでいました。

 

 

 

毎日、コロナの感染者が増え続けるといった

暗いニュースばかりです。

12月と言うのに例年とは全く様子が違い

経済にも影を落としています。

先の見えない不安もあります。

 

そのような中

自然の中に身を置き無心でいると

心が安らぐのを感じます。

大きく深呼吸をすると不安も消えていくような

気がします。

 

 

ベンチに座って豊川稲荷で引いたおみくじを

開いてみました。

すると大吉の文字が目に入りました。

今年は吉や末吉ばかりだったので先月に続き12月も

大吉だったので現実は厳しくても幾分希望

持てました。

 

そこには

小さな蕾が大輪の花に

と大きな文字で書かれていました。

 

「小さな幸せが積み重なり運勢は上向きに。

なにごとも前向きにとらえ明るい心を

持ち続けることが今の幸運を生かす

最大の秘訣となる」

と添えられていました。

 

どのよう状況でも前向きにとらえる事

明るい心、更に笑顔幸運には欠かせな

自分自身に言い聞かせ仕事に向かいました。

 

 

※ <癒しの一服>関連記事は

 コチラをクリックしてください。