こんにちは。

今日はかなりの厳しい暑さで

ここ青山でも34°を記録したようです。

しかもマスクをつけたまま外出したら

それこそ熱中症にかかりそうです。

 

午後はリモートレッスンと

スタジオでのレッスン。

リモートレッスンも最近では違和感なく

出来るようになりました。

その後、今度はスタジオでのレッスンでした。

2月以来、久しぶりに見えた方です。

それまでは月に一度、社員に向けて話す事があり

その準備で見えていました。

IT関係の会社で客先に出向している社員が

多いため、定期的に全員集合と言う形を

とっていました。

ところがコロナ以降、全てメールに切り替えたそうです。

以前のように大勢集まってと言うわけには

行かなくなったのです。

 

半年ぶりに見えた今日は

会議での進行の準備のためでした。

そこで久々に軽く口の体操から始めました。

その間だけマスクを外してもらい

離れた距離から行いました。

久々という事もあり、初めは

ボソボソとした小さな声でしたが

徐々にはっきりしてきました。

久しぶりに声を出したことでスッキリした

ようです。

 

 

最近テレビのドラマを見ていて思う事は

セリフがはっきりしない、聞き取りにくい

という事が多々あります。

録画してあるので何度も巻き戻して

聞くのですが矢張り何と言っているかわかりません。

そういうシーンならまだしも、そうでないところで

聞き取りにくいのです。

 

ましてや一般の人にとっては

マスクをつけている分

意識せずに話しているので

滑舌が悪くなっていると思います。

 

先日、矯正歯科医院の先生が見えた時

マスクの話から、

「口呼吸をする人が多くなるから

マスクをとる頃には

歯並びが悪くなっている人が増えるかも・・・」

との事でした。

 

確かに寝ているとき口呼吸をしている人は

歯が前にでたり歯並びが悪くなるという事は

あるようです。

 

それがマスクでも起こりうるとなると

気をつけたほうがよさそうです。

 

同じように声が小さい、滑舌が悪い

という事は既におきています。

 

家でマスクを外した時に

口を動かす練習をすると良いかと思います。

因みに

「お綾や親にお謝り 

お綾や八百屋におあやまりとお言い」

これがスムーズに言えれば問題ありませんが

口がきちんと開いていないと

「おやややおやに おややまり

おややややおやに おややまりとおいい」

となってしまうのです。

つまり

「おあや」 というところが 「おやや」に

なったり

「おあやまり」というところも 「おややまり」

と言う具合になってしまうのです。

これは

「オ」と「ア」と「イ」の口を使います。

これがきちんと出来れば明瞭な発音となるのです。

逆にどれか一つでも出来ていないと

普段話すときも滑舌が悪く相手には

わかりにくいという事です。

 

特に「オ」がきちんと開いていない人が多いので

そうなると日常の挨拶言葉も

きちんと言えていないという事です。

先ずはチェックをなさってみてはいかがでしょうか。

口元は勿論、そこから発する言葉も

美しいに越したことはありません。

 

※これまでの記事はアメブロをご覧ください。

ameblo.jp/cosmos10000/

あがりのお悩みから説得力のある話し方まで
話し方・人間関係・自己研鑽
どのような事でもお気軽にご相談ください。

ご希望の方にはスタジオ又はZOOMでのご相談も承っております。
リモートでのレッスンも行っております。

話し方/you表現studio公式ホームページ
URL:http://talk-studio.com/
℡:03-6804-2114