こんにちは。

今日はお天気も悪く寒気も強まっているようです。

お正月休みも終わり、そろそろ仕事モードに

切り替えようと思っても

明日にでも決定する緊急事態宣言の事が気になり

落ち着かない気分です。

 

今日も都内感染者が1,591人と過去最多となり

重症の患者数も増えてきているとの事。

このままいったら益々感染拡大し

医療崩壊は目に見えています。

 

矢張り昨年末の人の動きが今の数字に繋がって

いるのであって、ここで抑え込まない事には

更に大変な事になります。

 

同時に緊急事態宣言が発令されることにより

多くの仕事に影響が出てきます。

今は主に飲食店に目が向けられており

時短の代わりに補償として1日4万ないし5万、6万という金額が

取り沙汰されています。

家賃や従業員の事を考えればそれでも尚

厳しい所もあるかと思います。

 

しかしこの感染はあらゆる職業に

大きな影響を与えている事は紛れもない事実です。

経営者から勤め人・自営業者・アルバイト・パート 

と言った非正規雇用で生計を立てている人達迄

多かれ少なかれ皆、影響を受けているわけです。

昨年は何とか乗り切った人たちも

これ以上長引くとそれこそじり貧状態

陥ってしまいます。

事実、昨年の秋頃から倒産件数も増えてきていますし

表に出ていない小さい所も含めると相当な数に登ると

思われます。

又、仕事を失ったり、生活が苦しいといった不安から

精神的に追い詰められて自殺をする人も増えてきました。

 

緊急事態宣言により更に会社の危機、或いは仕事を失う

収入が無くなるといった問題は誰にでも起こりうることです。

 

それだけに自粛を促すだけではなく

迅速な行動と連携

無駄を省いて誰もが生きるに必要な手当て

広く末端まで見落とす事がないよう

感染対策と共に経済面での具体的な措置を

政府には早急にお願いしたいと思います。

 

※ <最近の出来事より>関連は

コチラをクリックしてください。